社労士とは?仕事内容を詳しく説明します!

社労士とは?仕事内容を詳しく説明します!


社労士とはどのような資格?

社労士は「社会保険労務士」を略したものです。労働関係や社会保険の専門家として、コンサルティングや書類作成をしています。社労士として働くためには、国家資格が必要です。社会保険や労働問題・公的年金などを取り扱うことができ、需要が高い仕事と言えます。一般的には社労士の事務所があり、そこに所属することが多いです。行政や民間企業・個人から依頼を受けてから、その仕事を行います。また、企業が人事や保険関連の部署に社労士を採用することもあるため、そこに就職するのもいいでしょう。社労士の資格を取得すると、「全国社会保険労務士会連合会」に登録します。その後は独立開業をすることも可能です。

社労士の仕事内容を知ろう!

社労士の仕事内容には「手続き代行」「帳簿書類の作成」「コンサルティング」があります。手続き代行は1号業務で、社労士のみが行える独占業務です。雇用保険や健康保険・厚生年金に関する書類を作り、労働基準監督署へ提出する代行もします。2号業務になるのが、労働社会保険に関する法律に基づいた帳簿書類の作成です。これも独占業務で、労働者名簿や就業規則・賃金台帳などを作成します。就業規則や帳簿の作成は、法律の知識を持つ社労士が行うことで、ミスや法律違反をするリスクを防げるでしょう。社労士の独占業務にはなりませんが、3号業務としてコンサルティングも行います。主に人事労務や雇用管理についてのアドバイスです。企業は正社員以外にも、契約社員や派遣・パート・アルバイトなど、さまざまな形態で雇用しています。人事労務問題も複雑になるため、そのアドバイスや解決・指導をしているのです。

渋谷の社労士は、独立して労働相談や年金問題に関する仕事を請け負ったり、大企業の法務部に籍を置いたりする人が目立ちます。